ご挨拶

ダイケン化成株式会社
ダイケン化成株式会社
トップ > 会社概要

ご挨拶

 

 弊社は昭和43年の創業以来一貫して、「同業他社が敬遠するような難易度の高い仕事に挑戦する」ことをモットーに、汎用樹脂からエンプラへ、さらにスーパーエンプラへと再生(リペレット)加工の対象を広げ、挑戦し続けてまいりました。


弊社が、スーパーエンプラの再生加工の開発に着手したのは平成元年のことでした。それから4年後の平成4年に液晶ポリマー(LCP)の再生加工技術を確立することになりますが、その間、幾度となくTry&Errorを繰り返し、その都度結果を分析し、そこから得られた知識と経験、蓄積されたデータこそが今日の弊社の技術力を支える礎(いしずえ)となっております。

 弊社が言う「難易度の高い樹脂への挑戦」とは、単に溶融温度を上げて造粒加工するということではなく、その樹脂にとって最善最良の造粒条件を探り、要求品質に応え、熱履歴による物性劣化を限りなく抑えた造粒条件を探ることへの挑戦であり、それは創業当時からこれから先も変わることはありません。

 

 現在では、LCPやPEEK、PESなどのスーパーエンプラから、フッ素、エラストマー、汎用樹脂に至るまで、幅広いジャンルのお客様に弊社のペレットをご使用いただき、ご好評をいただいております。
これからもますますお客様の要求品質にお応えし、プラスチック原料のリサイクルを通して社会と環境保全に貢献できる企業を目指してまいります。

 

会長 社長

 

私たちの信条

私たちの信条

 

 

取扱商品ご挨拶会社概要交通アクセス個人情報保護方針サイトマップ